さぽろぐ

  政治・経済  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE

2012年03月08日

農業制度の今後

有名な農業関係制度資金について今更述べるほどの
ことでもないが、
災害関係の融資は今後も地域的には求められる分野でもあって、
しっかりと地域に浸透していってもらいたいと願っている
制度の一つであるのではないかと思っている。
注目すべきところは農業近代化資金。
これは北海道と農協がタッグを組んだ融資制度資金で、
利息という面では納得しやすいことが挙げられる。
農家にとっては近代化を目的にした使途なら
割と理解が得られやすいとっつきやすさが窺える。
現状では北海道の農家の未来を支援してくれる
内容の融資制度は豊富にあっても、
末長く地域が後押ししてくれるしやすい内容の金融制度が求められている。
災害などがあると特にそういうがもっと求められるのではないかと思えて仕方がありません。
農業経営は気候による影響をもろに受けるので、
手厚いサポートが求められるが身近な金融制度ももっと増えていいのではないかと感じる。
これは銀行などが行う事業融資とは違っているものでなければならない。
かといってプライベートにも使えるカードローンでは手軽すぎるし
簡単な融資を受けるというのも一般論としては如何なものかという厳しい意見もあるだろう。
そこで農業に特化した金融商品の開発をさらに進めていくことで
手軽な資金調達が行えないかとも思うが、
こういった考え方にも賛否両論があって当然だと思う。
などを指しているわけでもない。

あなたにおススメの記事


削除
農業制度の今後